僕とバイクと悪友のことを書こうと思います
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2月も前の話だが、8時間耐久に参加した。
今回はOASから2チームで出場。バイクは自分のKDXとクワちゃんのTTR、
ライダーはKDXチームが自分・Takeさん・Fullさん、TTRチームがクワちゃん・Tetsuさん・Yuzoさんである。
実はクワちゃんチームの二人、Baja1000の経験者、特に一人は怪我で調子は良くないものの、現役国際ラリーストである。
まぁ勝てると思っちゃいないが、一周14kmのコース、パスされないようにがんばろうと思っていた。
でも、実際はそんな生易しいものではなかった。

昔、学生の頃から8耐(鈴鹿のじゃないよ)のことは知っていた。
真夏に8時間、半端じゃなく過酷なんだろうなとも思っていた。
今回の参加はMLで流れていた話に正直勢いで乗ってしまっただけである。
まぁ自分ひとりじゃないし何とかなるだろうと思っていた。
それが甘かった・・・。

54_P1020159.jpg

56_P1020161.jpg
出走前、まだみんな笑顔である。この後地獄が待っているのに。
スタートして1時間強、第一ライダーのTakeさんが一周して帰ってきた。第2ライダーの自分の出番である。
とりあえず自分も一周して帰ってこようと思い調子よく走り出した。
KDXは前回の反省からギヤ比を換えて大幅に低速仕様にしていた。
走り出して「これなら何とかいけるだろう」と思っていたが、悲劇はすでに始まっていた。
スタートから1時間、既にコースは荒れ放題。いたる所でスタックが発生し、そこかしこで渋滞していた。

99_P1020204.jpg
ウッズの入り口付近。ここからこんなん感じが延々続く。文字どうり「序の口」なのである。

自分はというと途中でキックペダルを脱落させてしまい、どうにも動けずにいた。
さすがにこのコースの状態でペダルなんか見つかるはずも無いと思い諦めて通りがかったマーシャルにチームメイトへの連絡をお願いした。
その後1時間位待っただろうか。まだレースが終わるまで6時間はあるなと思ったとき、なんと仲間がキックペダルを持って現れたのである。
聞けばコース上を歩いてペダルを探しながら登って来たという。
バイクで走るのも困難なのに歩いてくるとは。根性である・・・。

102_P1020207.jpg

111_P1020216.jpg
ありがたい!!何とかコース復帰です。

しかしこの後のコースも凄まじかった。さらに雨が降ってきた。何度登っても登れない登り、まったく止まらない下り。コースはまさに地獄絵図のようだった。
何とか帰って来たのはさらに1時間後。すでにスタートから4時間が経過していた。
途中キャメルの中身が空になり、完璧熱中症に。意識が朦朧として考える力も無い。
141_P1020247.jpg
もうだめ・・・ら。
この後第3ライダーのFullさんにバトンタッチしてぶっ倒れました。

レースはこの後バケツをひっくり返したような雨のためさらに過酷に。

150_P1020256.jpg
コースがまるで川の様になっています。
163_P1020269.jpg
交代したFullさんも大苦戦

この後レースはこの雨のために6時間で終了となりました。
結果はKDXチーム2周、TTRチーム2周。TTRチームは3周目の途中でクラッチが逝ってしまいコース途中でレース終了を迎えました。
この後TTRを回収するのにさらなる地獄が待っていたのはいうまでもありません。

辛かったけど楽しかった。来年も参加参加したいです。今度はWRでね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
茶の木でダイエットに失敗?!
茶の木はツバキ科の常緑樹です http://hairdrier.thriftystmartin.com/
2008/10/24(金) 23:35 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://golli.blog23.fc2.com/tb.php/52-d7920d5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。